板ダンボールから箱になる工程

板ダンボールからいわゆる箱ができるまでの工程は、印刷・表面加工・打ち抜き・製函・充填の工程になります。
印刷はオフセットかグラビアになります。
表面を加工するのは、印刷をしたあとに表面の保護、美粧の目的でビニール塗布加工をします。
打ち抜きは、寸法に合わせて打ち抜き、折り目を付けるための罫線を入れます。
製函は、打ち抜いたものをブランクと言います。
これを張り合わすことで、箱が出来上がります。
のりづけ(のりなしのものもある)をして、フラット状態にしてから折りたたまれた箱は、充填機で充填されます。
このようなことはすべてコンピュータによってプログラムされます。
1分間に板ダンボールで大量の箱が仕上がる技術が確立されています。

ジャーナリズム・広報関連に特化した
国際ジャーナリストです

作業療法士・理学療法士・言語聴覚士の学費免除のお知らせ

豊中 買取
本人書類と売りたいものだけお持ちください

吹田 リサイクルショップ
駅から降りてすぐの好立地

記事削除の最適な対策をご提案

名前で検索すると逮捕歴が出てくる方へ

爆サイ削除

板ダンボール関連ページ

更新情報ページ

板ダンボールからいわゆるダンボールになる工程

板ダンボールの厚みの出し方について

板ダンボールについている罫線の役目

いろいろな機能を持った板ダンボール

Copyright© 板ダンボール All Rights Reserved.

板ダンボールから箱になる工程
板ダンボール