板ダンボールについて

板ダンボールからいわゆるダンボールになる工程

板ダンボールを加工して、ダンボールが出来上がりますが、ダンボールの断面は、一般にライナー、フルート、ライナーの3層構造。
最初にフルート部分を作ります。
同時にライナーで挟むのではなく、片方ずつライナーを付けていくことになります。
この3層のダンボール原紙が出来上がったあとは、普通の箱をつくる工程と同じになります。
中には、ライナーが片方とかついていないものもありますが、柔軟性・緩衡性がありますから、モノを包むのに便利です。
フルート部分の厚みの差で、A・B・C・E型に分類されます。
フルート部分が細かなほど、弱い柔軟性に高いダンボールということになります。
最近は、美粧化を求めるものが多くなっていると同時に、板ダンボールへの印刷のしやすさ等も求められています。

Copyright© 板ダンボール All Rights Reserved.

板ダンボールからいわゆるダンボールになる工程
板ダンボール