板ダンボールについて

板ダンボールの厚みの出し方について

板ダンボールは、薄い紙が何層にも重なって厚みを出しています。
これは実際に接着剤でつけていますが、まだ濡れている水分を多く含んだときに、一度に厚い板ダンボールを作ることになります。
乾いてしまった紙の状態ではなく、濡れている時というのがポイントです。
水分があることで、メリットとして、繊維の水素結合と繊維同士の絡みが複雑になり、より強度のある板ダンボールに仕上がります。
乾いてしまった紙を重ねるというのは、どう見ても合理的ではなく、うまく張り合わすことはできないようです。
作り方もこの方が良く簡単で、強度が出るのが特徴です。
板ダンボールは、あまり観察しないものですが、ぜひ断面をのぞいてみてください。
重なっているのがわかります。

Copyright© 板ダンボール All Rights Reserved.

板ダンボールの厚みの出し方について
板ダンボール